福岡de食物アレルギーっ子ママの会     ~さくらんぼの会(福岡市西区・早良区担当)~

主に福岡市西区・早良区で、アレルギー・アトピーの子をもつ親子が集まり、情報交換やおしゃべりをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【H25.7.4】さくらんぼの会・エピペン勉強会の報告

さくらんぼの会です。
5月エピペンおしゃべり会に続き、7月はエピペン勉強会で、6組(8名)の参加でした。エピペンはアナフィラキシー症状の緩和剤で自己注射薬です。医師の処方が必要で、昨年末の小学校給食でのアレルギー事故死以来、エピペンについて報道も増えており、エピペンについて知る機会を増やすことが目的です。それでは、当日の報告です。


今回はエピペン講習会開催資格をもつアレルギーっ子ママさんを講師に迎え、エピペンとアナフィラキシーについて、前半は資料とDVDを用いてお話、後半は意見交換をしました。エピペンを実際に処方されている参加者、処方されていない参加者、どちらもいました。

また子どもにエピペンを処方されている方から、練習用エピペントレーナーを借りて、実際に注射の練習体験をしてみました。資料と絡めつつ、ただ、実際に打つとなると、子どもが暴れたり、自分が動揺したりなどで打てなかったらどうしよう、サポートの方がいるといいよね、打つタイミングが迷うなど話し合いました。

<参加した感想> 
*温度・光に弱い注射液なので、最低でも1カ月に1度は液の変色の確認と練習用エピペントレーナーで練習して、いざというとき対応できるようにしたい。  
*何回もDVDやお話を聞かないと、身に入らないので、こういう機会は今後も必要。  
*飛行機での帰省時、トランク内に入れていたけど、緊急性を考えると、機内持込みできるよう、航空会社に事前依頼をしたい。  
*エピペンは外出時に必ず身に着けておくことが大事と分かり、お財布感覚で持てるようにしたい。   
*処方体重になっていないが、今日のお話でエピペンが他人事ではなく勉強になった。
など。

当日朝は曇りだったのに、解散する頃にゲリラ雨となり、前が見づらく、外を歩くのは厳しいほど… 参加者の中にはどしゃぶり雨の中帰宅された方もいらっしゃると思いますが、スタッフ2名は雨が落ち着くまで待ってから帰宅しました。参加された方、本当お疲れ様でした。

後日談ですが、先月29日に、文科省から、学校給食における食物アレルギー対応に関する調査研究協力者会議の中間まとめが発表されました。中間まとめでは、「学校現場での対応指針に、エピペンの投与基準や新たな医学的知見を加え、内容を改定する。改訂版を参考に、給食を提供する小中学校や幼稚園など個別のアレルギー対策マニュアル作りをする」などが盛り込まれています。

中間まとめの詳細は、文科省の下記ページをご覧ください。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/018/toushin/1338329.htm

また、中間報告が出たことへの保護者への取材依頼がNHK福岡からさくらんぼの会にあり、当日の取材を受けさせていただきました。夕方近くの発表に対し、NHKは全国各地の6時台のニュースでいち早く報道し、情報提供をしてくれました。NHK福岡では調査研究協力者会議の様子と保護者の感想、福岡市内での給食におけるアレルギー対応へのとりくみが報道されました。

夏休み明けのおしゃべり会は、9月11日(水)を予定しています。
熱射病、夏バテに注意しながら、9月にお会いしましょう。


関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 育児
テーマ : アレルギー・アトピー

[ 2013/08/05 19:59 ] (福岡)交流会後の報告 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。